よい買い物は合理的思考から
   暮らしを楽しく変えるためのヒント集

よい買い物は暮らしや人生を変える
何かを買おうとするとき、価格と性能を比較して悩むのは誰でも同じです。でも、そもそもその商品やサービスは自分の生活に本当に必要なのか、なぜ必要なのか、他に方法はないのか、それを買うことでどう幸せに(便利に、楽に、楽しく……)なれるのかということを少し考えるだけで、選択が大きく変わるかもしれません。
例えば私は、国産の電動アシスト自転車を買ったことで、毎日の生活がガラッと変わりました。見る風景、人とのつきあい方まで変わったのです。これは普通の自転車では実現しませんでした。坂が多い日本では、スポーツとしての自転車を楽しめるだけの体力や根性がない人たちにとって、自転車生活は苦役になってしまうからです。
Panasonicハリヤ+純正フェンダー+バスケット
パナソニック ハリヤ+純正フェンダー+バスケット
宣伝文句にのせられず、自分に合ったものを正しく選ぶ
テレビを売ろうとするとき、メーカーは、色が鮮やかとか大画面で圧倒的な迫力といった宣伝文句を並べます。でも、本当に重要なのは「録画機能」なのです。簡単に録画できるのはもちろんのこと(それはほとんどの機種でできます)、同じ時間帯に重なっている複数の番組を同時録画できるか、録画する外付けHDDは簡単に交換や増設ができるかといったことが極めて重要なのです。リアルタイムで地上波テレビをだらだら見るような生活をしている人は稀ですし、そんな生活は幸せな生活とは言えません。
本当に面白い番組だけを効率よく見て楽しむためには、ポンポンと録画できて、つまらないと分かったらサクッと消していくことができる、余裕のある録画性能が必須です。また、MP4動画を入れたSDカードをスロットに入れるだけで再生できる、あるいはスマホやタブレットの中にあるどうがを無線でつないですぐに大画面テレビに映し出せるといった拡張性・柔軟性も重要です。それらを満たしたテレビを買うことで、それまでのテレビ生活が劇的に変わります。

東芝 40V型 REGZA 50G9
「なぜそれが必要なのか」を考える
iPod touch+モバイルルーターはiPhoneよりお得 多くの人がガラケーからスマホに機種変更して、高額な通信料を毎月払っていますが、そもそもスマホは必要なのでしょうか? ネット閲覧するには画面が小さすぎますし、音声通話のための道具として使うなら大きく、脆すぎます。さらにはモバイルSuicaが使えないことで、オサイフ機能付きのガラケーより不便になってしまった人もいます。そのことに気づいた人たちは、モバイルルーター+タブレット+ガラケーという通信スタイルを見つけました。ルーターに入れる 通信用SIMは月額500円から あります。通信費が節約できるだけでなく、ネット閲覧や仕事関連はタブレットの大きな画面で、音声通話やオサイフ機能はガラケーでコンパクトにという使い分けで、合理的な生活に変わります。
また、iPod touchがiPhoneと同じ第6世代になりましたから、iPod touch6+モバイルルーターの組み合わせで、iPhoneを使うよりずっと安い「ほぼiPhone生活」を送ることもできます。
「なぜその商品やサービスが必要なのか」という根本部分を少し考えるだけで、結果として豊かな生活をより安価な価格で実現できるのです。

このサイト(41.ST)では、そうした合理性を基本にした「よい買い物」で、生きにくい現代を少しでも楽に過ごすことを考えていきます。
━━━━━━━━━ menu ━━━━━━━━━
生活家電・用品
パソコン・カメラ
映像・音楽ライフ
通信生活
カー&バイク
Kindle Booksbooks      たくきの音楽(MP3)music      takuki.com homeHOME     

41.st よいサイト